医療機器のコスト

医療機器の購入について

トップ / 医療機器の購入について

痰の多い方の医療機器の購入

病状が重度で寝たきりになったり、呼吸器疾患を患っておられる方、人工呼吸器を装着された方などは、自力で痰や唾液の排出が困難になりやすいです。そのままにしておくと、息が吸えなくなり、窒息に陥る場合もあります。そのような状況な方は、吸引器の医療機器の購入をお勧め致します。使い方などを看護師などから指導を受ける必要があります。障害者手帳などを持っておられる方は、購入する際、金銭的な公的補助を受けれる場合がありますので、医療機関の相談室や市の窓口、福祉業者などに、医療機器を購入する際はまずご相談して下さい。

バルーンカテーテルの取扱注意点

バルーンカテーテルを取り扱う注意点としては1か月に2回もしくは3回の交換が必要になってきます。(交換頻度は医療機関により変わります)また、常に衛生面に気を付けなければ、尿路感染になり発熱や合併症を引き起こす可能性があるからです。その理由としては、尿混濁や異物・浮遊物を長時間放置すると菌が繁殖し、それが尿路感染の原因になり得ます。なので、バルーンカテーテルは非常に衛生面に気を付けなければなりません。

クリニックと美意識の情報

© 人気のクリニックへ行こう. All rights reserved.