印象のいい歯科とは

歯科の治療で苦手なもの

トップ / 歯科の治療で苦手なもの

歯科医院の内装のイメージ

歯科クリニックで重要となるのは、入ったときの雰囲気だということが出来ます。特に痛くて怖いイメージがあるので、内装まで無機質だと、イメージどおりであり、来客の足が遠のいてしまうことになるでしょう。少しでも悪いイメージを払拭する為には内装を明るいイメージにしてみたり、子供が喜びそうなかわいいものにしてみるのも良いでしょう。歯科医院のテナントを借りた場合、内装を自分なりにアレンジする機会に恵まれることになるでしょうが、利用者の気持ちを考えて内装イメージを選択すれば、集客にも有利に働くことになるでしょう。

器具が見えない舌側矯正

歯科矯正の際に装着する器具を見えなくする方法として人気が高いのは舌側矯正と呼ばれる方法で、歯の裏側から装着した方が虫歯になりにくく、人目を気にする事なく治療が進められるというのがメリットですが、舌を傷つけやすいとか慣れるまでは話がうまく伝わらないなどというデメリットもあるので、医師とよく相談してから方針を決めていくと良いです。舌側矯正をした場合、最初のうちは歯を噛み合わせた時に痛みが生じる事がありますが、安定するにつれて次第になくなります。ただ表側から矯正する場合と比べて治療費が高くなります。

舌側矯正で治療をご希望の方にお勧めのクリニックです。
出っ歯や八重歯の治療を始め受け口など治療が可能です。自信が持てる口元になれますよ。最新の治療です。

クリニックと美意識の情報

© 人気のクリニックへ行こう. All rights reserved.